効果的な駆除方法|被害を多く及ぼす鳩は早めの対策が大事|害獣駆除マニュアル
作業者

被害を多く及ぼす鳩は早めの対策が大事|害獣駆除マニュアル

効果的な駆除方法

男性

往来のねずみ駆除といえば、ネズミによる被害を少なく済むように施工することと、ネズミが作った穴を塞ぐことが一般的でした。これだけでも効果はありますが、生き残ったネズミは学習能力が高く、住宅の目立たない所を住処にしている可能性があります。また、ネズミは一度に6~9匹ほど出産するため、気が付かないうちに数が増えていて被害が深刻化していることも少なくありません。このようなネズミに対抗できるよう、新しいねずみ駆除方法を提案した業者に注目が集まっています。

ネズミを一匹残らず退治することを目的としたねずみ駆除方法は、粘着シートの設置方法も異なります。駆除する時に使用する粘着シートは、ネズミが入りそうな場所に仕掛けた後、罠にかかったネズミを回収することが一般的でした。しかし、これだけでは完全にネズミが捕まりません。完全に駆除するためには、ネズミがかかった後にシートの乱れ方などからネズミの動きを把握していきます。また、確実にネズミを退治できるように、天井裏や床下にもしっかり粘着シートを仕掛けておきます。また、住処やねぐらを見つけた場合には、あえて壊さずそれを罠に利用することもあります。住み着いているねずみは一匹しか見当たらないというイメージがありますが、多くのネズミがつがい同士で生息しているのです。そのため、ねずみ駆除の進行状況に合わせて穴を塞いでいきます。穴を塞いでも、ネズミが住み着いている場合には、また穴を開けて可能性があるため、このような工夫が必要になるのです。